スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

われわれを見張る街中の魔物たち

昨六月二十二日は、逗子駅を出発点に、猿畠山法性寺(えんぱくざんほっしょうじ)、名越切通し、大町、材木座海岸、光明寺、八幡宮というコースを歩いた。

まずは逗子の木材店の店頭で見た飾り。

exotica tiki statue

わたしはエキゾティカと呼ばれるジャンルの音楽をよく聴くのだが、そういうもののジャケットには、よくこういう像が使われている。たとえばこういうものだ。

les baxter cd cover
レス・バクスターのCD「Exotic Mood」のカヴァー・デザイン


これは「ティキ・トーテム」と呼ぶらしい。ポリネシアの魔除けなのだろう。

たまたまこの木材店のご主人が表に出ていらしたので、お話を伺ったところ、知り合いの人が作ったのをもらったのだという。丸太にチョークで下書きをすると、一気にチェーンソーで彫り上げるのだそうな。

exotica tiki statue

わたしは、おお、ティキだ、と喜んだが、ご主人のお話では、子どもたちは怖がってしまうのだとか。子どもが好きなのは、このティキのとなりに置かれていた、こちらのほう。

kame mokuzou

たしかに、得体の知れない魔除けの魔物よりは、亀のほうに子どもは親しみを感じるだろう。『ガメラ』シリーズの次回作は、このティキ風亀の像からはじめるというのはいかがでしょう>金子修介監督?

昨日は妙に魔物に縁がある日だった。つぎは法性寺からさらに登った山上にあるお堂の屋根の魔除け。

hossyouji mayoke

hossyouji mayoke

ここまではいい。二つ目の立体のほうは、ちょっと『ゴジラvsビオランテ』のような雰囲気無きにしも非ずだが、どちらも蓮の花をモティーフにしたのだろう。わからないのは、つぎのものだ、

hossyouji mayoke

これはなんだろう? 角度を変えると……

hossyouji mayoke

なにやら、獅子舞の獅子のような姿をしていることがわかったが、でも、やはり、なんだかよくわからない。なにか架空の魔物なのだろう。

最後は、鎌倉は大町のさるお宅の庭で見かけたもの。

ishi no kewpie

むろん、キューピーなのだろう。でも、石でできていて、四体もあると、なんとなく魔物じみて見えてくる。こういうものだって、やはり、魔除けの一種なのではないだろうか。

ishi no kewpie

われわれを監視しているのは、監視カメラばかりではないのだ、などとくだらないことを考えた。
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ガメラ:日本全国ガメラな風景 2011/06/27

 ガメラ岩やガメラ島など自然の風景、またガメラな建造物・モニュメント、街角で見掛けたガメラなどについての情報をご紹介しております。 前回の更新、「 ガメラの風景 /06/16 」はこちら。 また風景関連では、「 スカイツリー情報 /03/19 」がこちらから。  石川
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。