スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和戦前古建築散歩 東京銀行集会所(丸の内)

かつて師匠に、フィルムは生ものだから、保存には細心の注意を、といわれたのに、根がズボラなもので、この十年ぐらいはほったらかしも同然だった。案の定、天罰覿面、ずいぶん傷んだものもあって、スキャンしたあとでため息をついている。

しかし、カビは防げても、褪色はなかなかふせげるものではない。だから、色についてはしかたがないとあきらめがつく。

ついでに、なるほど、古い映画のDVDに、Digital Restorationの長いクレジットがつくわけだよ、と納得もした。映画も褪色をまぬがれないから、ディジタル化して、色を補整する必要があるわけだ。

ということで、わたしもPhotoshopを駆使して、ゴミ取り、キズ消し、色補正、いろいろやっていることをお断りしておく。フィルムの見たままではない。

さて、本日は、かつて丸の内にあった東京銀行集会所(その後、東京銀行協会と名前を変えた)である。いま調べたら、オフィシャル・サイトがあった。要するに、業界団体である。だが、わたしはそのへんのことにはそれほど関心がない。関心は色とフォルムにしかないのだ。

ginkou club 5
緑青をふいた緑色の銅板屋根、小豆色の煉瓦タイル、白い石、この組み合わせがそんじょそこらにない、軽快な印象を与える外観を生んでいる。

はじめて見たときの印象は、ものすごく華奢だということで、こんなおとぎの国の建物みたいなところに、日本の「ヘヴィー・シャイロック」(ソングライターのジェリー・リーバーの表現)たちが集まって談笑しているのかと思うと、苦笑いするしかなかった。

昔の銀行というのは、とにかく重くて頑丈で威圧的で力強い印象をあたえるようにつくったものだ。顧客に安心感を与えるのが建築の最大の使命だったからだ。

ginkou syuukaijo 3
アールヌーヴォーの建築に見られるガラスのマーキーは、ここではアールデコ風に簡略化されている。しかし、それも優美な印象をそこなってはいない。魅力的なマーキーである。

その銀行家たちの集まる場所が、日本にいくつもないだろうという繊細な印象の建物だというのだから、アッハッハである。うちに帰ったら、どてらを着てこたつに当たるのがもっともくつろげる、というのとはチト異なるだろうが、とりあえず、金庫を守る必要のない空間でリラックスしたいというあたりだろう。設計者は練れた人物だったのだ。

ということで、『日本近代建築総覧』記載のデータを読んでみよう。大正5年竣工、設計は、施工にあたった横河工務所所属の松井貴太郎、あの三信ビルの設計者である。しかし、関東大震災以前の竣工とは愕いた。見た目ほど華奢な造りではなかったのだろう。

あ、そうだ、タイトルの「昭和古建築散歩」はまちがいではないか。でも、まあ、いいか。この建物が生きた時代は主として昭和だったのだから。

ginkou syuukaijo 4

建物の運命はさまざまである。この建物は半分以上消えた。ただし、外壁2面のみは保存され、高層ビルの外観の一部として利用されている。「東京銀行協会」というキーワードで、グーグルで画像検索をすれば、現状の写真をたくさん見ることができる。

ついでにいうと、この高層オフィス・ビルに間借りしたい人はここへ行くといい。

わたし? わたしなら、たとえ金があっても、こんなところにオフィスなどもちたくない。だって、あそこを歩いてご覧なさい。昔の建物をスライスした気色の悪いものが、いまにもペロッとはがれてきそうで、虫酸が走る。あれは保存ではなく、虐待だろう。
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。