スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和戦前古建築散歩 日比谷三信ビルこっそり潜入記

前々回前回に引き続き、本日も日比谷三信ビルである。前々回は岡崎秀美師の写真、前回は師匠とわたしの写真のごたまぜ、今回はわたしのパートナーが初期のキヤノンIXYで撮った内部の写真である。

最初のIXYなので解像力は低く、また一定の値より光量がすくないと強制的にフラッシュが焚かれる仕組みで、てかりが出てしまったものもあるが、いまになると、あのときに撮っておいてよかったといいたくなる写真ばかりだ。

まずは二階の回廊や「ブリッジ」で撮った写真から。

sanshin building

一見、前々回の師匠の写真と同じところで撮ったように見えるが、師匠のものはビルの端に三脚をおいたもので、こちらは中間にある回廊を横断するブリッジのような部分から撮った。足下の床も写っているのはそのせいである。


sanshin building

わたしはテラコッタ・マニアなので、こういう装飾はデザインの善し悪しにかかわりなく、とりあえず存在しているだけでうれしくなる。これはコンクリートのアーチのなかにテラコッタのプレートを埋め込んでいるのだろう。テラコッタは型抜きした粘土を焼くので、こういうデザインに向いている。

sanshin building

上の写真はクリックすれば拡大される。アーチの根本には空の大怪獣ラドンみたいな魔物がおかれているのにもご注意を。

sanshin building

上の写真もクリックで拡大できるようにしてあるが、それも面倒だという人のために、魔物だけを切り出してみた。

sanshin building

このときの写真はまだこの倍くらいはあるのだが、さらに上の階へと潜入するのはつぎの機会にさせていただく。
スポンサーサイト

テーマ : 戦前の建築 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。