スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和戦前古建築散歩 「ブタがいたっていいじゃないか」 大阪ビル跡地(内幸町)

かつて内幸町の交叉点のすぐ近くに、大阪ビル1号館、同2号館というビルがあった。古建築ファンならだれでも知っている「スター」だった。

窓の切り方が絶妙で、プロポーションのよいデザインをする村野藤吾(近三ビル=森五商店が典型)としては、そのような偏頗な人気は気に入らないかもしれないが、このビルがそれほどまでに有名だったのは、その豊穣なる装飾のおかげだった。

ohsaka building ornaments

1号館と2号館は同時に取り壊されて、すでに四半世紀の時が流れた。しかし、これほど脳裏に強く残っている建物は多くない。あとは浅草の東京倶楽部、日本橋際の帝国製麻ぐらいではないだろうか、通りかかるたびに、ああ、ここにはあのビルがあったなあ、とため息をつくのは。

幸か不幸か、写真を撮りはじめたとき、丸の内の「一丁倫敦」はすでに跡形もなかった。あのとき、まだ残っていて、写真を撮っていれば、丸の内に行くたび幻視してしまっただろう。

ohsaka building ornaments

横浜にもひとつ、そういう建物があった。名前は知らないが、伊勢佐木町から吉田橋を渡って馬車道に(〈珈琲屋〉のハンバーガーを食べに!)向かう途中、右手のガード際に見える、「帝国探偵社」が入っていたビルだ。戦前ではなく、昭和20年代のものかもしれないが、あのビルも忘れがたい。

ohsaka building ornaments

大阪ビルが取り壊されるときも、当然ながら、惜しむ人がおおぜいいた。こういうときは、なんとなく、昔をしのぶよすがを残さなければならないような気分になるものらしい。わたしはそういうことがあまり好きではなく、きれいさっぱり抹消するほうがいいと思うが、そう考えるのは少数派のようだ。

どうであれ、外壁保存などではなく、装飾保存という方法で、「大阪ビル跡地」(いまだにビルのような気がしない!)ができあがった。

daibiru

daibiru

この跡地には何度も行っているのだが、いまもって、なんといえばいいのかよくわからない。いつまでも思考停止というわけにもいかないから、今日はよく考えてみる。

daibiru

この「跡地」ができた(繰り返すが、ビルだと思っていない!)ときは、時間がたてばなじむのかな、と思ったが、いまもってぜんぜんなじんでいない。いまだに材質とその背後にある世界観が衝突しているのだ。

daibiru

その意味で、跡地本体ではなく、前庭状の広場の装飾のほうが、まだしも違和感が小さい。だが、それはそれで、そこらの公園でよく見られる装飾のような、ひどく俗なものに見える瞬間がある。村野藤吾の大阪ビルを知らない通りがかりの人は、路傍の石に向ける視線をこの装飾群に向けるのではないだろうか。

ohsaka building ornaments
冒頭に掲げた「壁」の中心にあるアーチ。クリックすれば拡大される。これはかつて大阪ビル1号館の入口の上にあった。必死に平行にかまえ、向こうに見える「跡地本体」壁面の像もきれいに入れようとした。いや、べつに『ダ・ヴィンチ・コード』やら『Angels and Demons』やらを気取っているわけではない! もとはもっと長く、黄道十二宮だったのではないかと思うが、次回までに確認しておく。

osaka building arch
同じアーチを反対側から見た。

「建物にブタがいたっていいじゃないか」と村野藤吾は云ったそうだ。つまり、建物にブタがいるなんてとんでもない、と考える人が多かったということだ。だからこそ、建物にブタを置くことに尖鋭的な意味が生まれた。
ohsaka building ornaments

ohsaka building ornaments

それがどうだ。かつて「痩せたソクラテス」の役割を負わされたブタは、いまは遊園地のような場所に置かれて、ただの「太ったブタ」になってしまった。異化効果のないブタには、子どもをあやすことぐらいしかできない。

次回は、若き日のブタたちの、世間に笑顔を向けながらも、その存在に尖鋭性をまといつかせていた時代のすがたをご覧いただく。
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。