スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和戦前古建築散歩 同潤会アパートメント・ハウスC 大塚女子アパート(文京区大塚)

ちょっと休んでいた同潤会にもどって、今日は同潤会アパートメントとしてはやや変わり種に属す、「大塚女子アパート」の写真をご覧いただく。

どういうわけか、2枚残っている大塚女子アパートの写真は、どちらもファサードをとらえていなかった。こんなことはそうしょっちゅうあることではないが、まあ、ご覧あれ。

Ohtsuka Joshi Apartment
普通に考えるなら、こちらのほうが道が狭いので、ファサードではないと想定されるが、入口の付け方がじつに微妙で、こちらがファサードのような気もしてくる。黄色ないしは金色のふくらんだものは、一階のレストランの入口にかかったマーキーというか、日除けの覆いで、建築の一部ではない。

Ohtsuka Joshi Apartment
どう見ても、この入口は表通りに向かっていない。表通りの側に出入口が別途あるなら、そちらをファサードとしたいが、これが道路に面した唯一の出入口なのだ。

表通りのほうがどうなっていたか気になる方もいらっしゃるだろうと思うので、『同潤会アパート原景』からファサードの写真を拝借してご覧に入れる。

Ohtsuka Joshi Apartment

うーん、こうして見ると、どちらがファサードなのかは微妙なところだ。角をはさんだ二面をシンメトリカルにデザインして、その二面がファサードというタイプのものがあるが、そのヴァリエーションに見えなくもない。ただし、その場合は、角が中心であることを明示するようにデザインするもので、大塚女子アパートの場合、そのような強意表現はなく、入口が角にあることだけが、それを暗示している。

☆☆ フィクションのなかの大塚女子アパート ☆☆
戸川昌子の処女作、『大いなる幻影』の舞台になっている女性専用アパートは、大塚女子アパートをモデルにしている。このアパートの歴史をふりかえるテレビ番組では、彼女が案内役をつとめていた。

oh'inaru gen'ei
戸川昌子著『大いなる幻影』(講談社文庫版)

もっとも、『大いなる幻影』に登場する老嬢たちは、いずれも好意を持ちにくい人物像になっていて、これが発表された当時は、もう戸川昌子はここには住んでいなかったのだろうと思う。たとえフィクションであれ、ああいう風に描かれたアパートの住人は、快くは思わなかっただろう。

これはじっさいにあったことだが、大塚女子アパートは、道路の拡幅のため、数メートルにわたってセットバックを強いられた。建ったまま、土台から切り離して、油圧ジャッキでしずかに動かしたのである。

Ohtsuka Joshi Apartment
同じく『同潤会アパート原景』より、中庭の写真。『大いなる幻影』では中庭も重要な役割を果たす。

Ohtsuka Joshi Apartment
これまた『同潤会アパート原景』から拝借した、大塚女子アパートの屋上サンルームの写真。当時としては尖端的な住まいだったことがよくわかる。

『大いなる幻影』は、この工事をうまく利用したオフビート・ミステリーで、婚期を逸した女性たちの心理の描き分けは、いま読んでも男としてはかなり薄ら寒い思いをする。前半だけで応募したという中井英夫(塔晶夫)の『虚無への供物』を押さえて乱歩賞を受賞したのも、まあ、妥当なところか、と思わせる。

眺めて歩くだけの人間は、古色蒼然たる建築物を見ると、時間の降り積もった「味」を楽しんでしまう。しかし、そのなかで生きる人たちにとっては、暗褐色のスクラッチ・タイルは牢獄の外壁に似ているのかもしれない。『大いなる幻影』は、散歩者にそういう内省を迫る小説である。

Ohtsuka Joshi Apartment
10年近く前に、小石川植物園にいったときに現存を確認したきりだったので、グーグル・マップのストリート・ビューを見てみた。残念ながら更地である。


大いなる幻影・華やかな死体―江戸川乱歩賞全集〈4〉 (講談社文庫)
戸川 昌子 佐賀 潜
講談社
売り上げランキング: 350266


同潤会アパート原景―日本建築史における役割 (住まい学大系 49)
マルク・ブルディエ
星雲社
売り上げランキング: 831697







同潤会アパート生活史―「江戸川アパート新聞」から (住まい学大系)

住まいの図書館出版局
売り上げランキング: 703795


同潤会のアパートメントとその時代
佐藤 滋 伊藤 裕久 真野 洋介 高見沢 邦郎 大月 敏雄
鹿島出版会
売り上げランキング: 309583


同潤会に学べ―住まいの思想とそのデザイン
内田 青蔵
王国社
売り上げランキング: 213374
スポンサーサイト

テーマ : 戦前の建築 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。