スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開を迎えた緑色の桜「御衣黄」とペイル・ブルーの横浜みなとみらい

昨24日は弘明寺観音を起点に、横浜を歩いた。

藤は鉢植えのものばかりで、大きな木には出合わなかったが、桜は満開の八重桜がまだけっこうあった。

「横浜掃部山公園の桜」という記事に掃部山の桜のことを書いたが、そのときに「御衣黄」という札のかかった、まだ開花していない木が目についた。あとでこれは桜の種類とわかった。しかも、あまり植えられていない珍しいものだという。

野毛山で昼食をとり、港のほうに行こうと下りてきたら、たまたま大岡川にかかる橋のたもとに普賢象(八重桜)があり、その隣に黄緑色の見かけない花をつけた木があった。これが御衣黄にちがいないとパートナーがいうので、掃部山の御衣黄をたしかめに行ってみた。

大道芸のフェスティヴァルでにぎわう野毛の町を苦労して通り抜け、急な紅葉坂をのぼった甲斐はあった。パートナーが考えたとおり、掃部山の御衣黄は満開だった。(最後の写真を除き、いずれもクリックで拡大。)

sakura gyoikou fugenzou

左の薄緑色に見えるのが御衣黄(ぎょいこう)、右はよく見かける八重桜、普賢象(ふげんぞう)。まったく色が違うのがわかる。御衣黄が評判になったのか、「ギョイコウ」と振り仮名を書いた札が追加されていた。それだけでなく、御衣黄とバランスをとるためか、右の普賢象のほうにも新たに名札がつけられていた。

sakura fugenzou gyoikou

sakura gyoikou

外側は黄緑、中心部に少し赤みがある。時間がたつとだんだん赤みが強くなっていくのだそうだが、ちょうどピークぐらいの咲き方で、このときは緑が勝っていた。

sakura gyoikou

sakura gyoikou

00gyoikou+keyaki.jpg

背後は欅か楠だったと思うが、御衣黄の薄緑色の花は木々の緑に溶けこんでしまう。

夕方、みなとみらいに行き、海辺をぶらぶらした。パシフィコの向こう側の海辺の公園は、液状化でも起きたのか、立ち入り禁止になっていた。死傷者がなかったので報道されないが、横浜も地割れがあちこちにあるし、墓石もひどい状態になっている。

大桟橋の上屋が不思議な形になってから入る機会がなかったが、この日はちょっと歩いてみた。暗すぎて写真は撮れなかったので、いつか明るいときに改めて出かけて写真を載せたいが、じつに変な建築物だった。鯨がモティーフだというのだが、かつての送迎デッキは曲がりくねり、上下するボードウォークのようなものに変貌していた。

帰りにランドマーク・タワーやパシフィコのあたりを強引に撮影してみた。exifデータで確認したが、シャッター・スピードは2分の1秒。

minatomirai

左側の一番高いビルはもちろんランドマーク・タワー、右側の寸詰まりバナナのようなのはパシフィコ横浜。18:17に撮影。まだ灯火が目立たない。しばらく中を見て、また出てきてから、すこし位置を変えて撮影した。

minatomirai

こちらは18:42撮影。大観覧車が点灯され、手前の赤レンガ倉庫もオレンジ色の光でやわらかく照らしだされた。

最後は撮影中のワタクシ。大桟橋の手すりにもたれかかり、必死でカメラをホールドして、シャッター・スピード2分の1秒に対処しようとしている(笑)。

myself
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。