スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小津安二郎好みのピンク・フラミンゴ

昨五月十五日は金沢文庫を起点に、称名寺、海の公園、八景島シーパラダイス、金沢工業団地、横浜ベイサイドマリーナと、横浜南部の海沿いを歩き、杉田で帰路についた。

全行程の距離はそれほどでもないが、シーパラダイスとベイサイドマリーナのなかをずいぶん歩いたので、やはり15キロ超の歩きになったようだ。

syoumyouji1

syoumyouji2
以上二葉は称名寺。黄色い花は黄菖蒲。池をめぐるように植えられていた。

yokohama umi no kouen
海の公園の人工海浜。人が作った砂浜だが、遊ぶほうはだれが作ったものでも気にしない。風が強く、ウィンドサーフィンが速すぎて、のどかさがなかった。

seaside line kouka
工業団地というと殺伐とした風景を想像するかもしれないが、思いのほか緑が多く、道路が広くて歩きやすかった。

鎌倉時代に創建された古刹、人工の砂浜、人工島の水族館と遊園地、工業団地、アウトレット・モール、という妙な並びだが、なにやら現代日本のカタログのようなコースでもあり、思いのほか楽しめた。

もっとも、いちばんの欣快事は、そちらのほうではなく、称名寺の池を何度も周回するカワセミの姿を見られたことだった。残念ながら、すごいスピードで池の水際を飛んでいくカワセミを写真に捉えることはできず、したがって、ここにあの瑠璃色とオレンジ色の鮮烈な姿をご紹介することもできないのだが。

あまり飛びまわらない鳥というのも案外多いもので、カワセミの埋め合わせに、シーパラダイスの池にいた鳥の写真を数葉かかげる。

flamingo1

flamingo

ちょっと写真を撮ったところで、フラミンゴたちのふるまいにリズムがあることに気づいて、笑いだしそうになった。小津映画の典型的なショットを思いだしたからだ。こんなパターンである。

bakusyuu screenshot

bakusyuu screenshot
『麦秋』より、原節子と淡島千景の2ショット。並んだ二人が同じリズムで湯呑を口にもっていき、茶を飲むと、また湯呑を同じタイミングでおろす。淡島千景は、このシーンの小津の演出を、のちに小津の伝記映画『生きてはみたけれど』のなかで回想することになる。

このフラミンゴのうち、カップルになっているものは、二羽そろって、同じタイミングで水に頭を突っ込み、同じタイミングで水から顔をあげていた。

flamingo

flamingo

flamingo


すくなくとも、二組はそういうふるまいをしていたので、偶然ではなく、夫唱婦随のように見える行動をする性質があるのではないだろうか。


いや、鳥類学者ではないから、正確なところはどうでもいい。これを見たら、小津安二郎が笑うのではないかと思い、妙に可笑しかったというだけのことだ。
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。