スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白のブラシの木──横浜・金沢自然公園と動物園

ブラシの木をはじめて見たのは十年近く前、横浜市金沢区の平潟湾に沿った遊歩道でのことだった。

burashi no ki hiragatawan

burashi no ki hiragatawan

burashi no ki hiragatawan

鮮紅色の花があざやかではあるし、なるほど、だれが見ても、これはブラシだ、と思う形をしていて、強く印象に残った。

ただし、百科事典を調べると、ブラシのように見えるものは、花ではなく、おしべが糸のようになっているのだという。花弁は5枚で、開花後、すぐに脱落する、と書かれている。がしかし、正直いって、どれが花弁かよくわからない。

burashi no ki hiragatawan
開きかけた蕾は絹糸そっくりに見える。花序の真ん中を枝が抜けて、つぎの葉を出すめずらしい木でもある。

burashi no ki hiragatawan

また、手元の百科事典二種と国語辞典は、いずれも「ブラッシノキ」という表記をとっている。ブラシは英語ではbrush、この音をカタカナにするならブラッシュというあたりだから、日本語のブラシと、英語の音訳のブラッシュの中間をとったようなぐあいである。それが自然と、日本語なまりのブラシへと落ち着いたのだろう。

近ごろは、めずらしい植物がめずらしいままでいることはめったになく、すぐにあちこちの家や公園や遊歩道で目にするようになる。ブラシの木もその後、何度も見た。

先日来ずっと書いている、金沢自然公園でも「ののはな館」(小博物館といった趣の施設)の近くに植えられていた。

そして、お隣の金沢動物園に移動し、コアラ舎に入ろうとしたら、こんな木があるのに気づいた。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

ブラシの木に似ていると思い、札を見ると、やはりそう書いてあった。あとで百科事典を見たら、シロバナブラシの木というものもあると書かれていたので、たぶんそれなのだろう。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

ブラシの木は原産地がオーストラリアだそうで、ユーカリの木と同じフトモモ(蒲桃)科に属す。金沢動物園は地域ごとに動物を分けているので、植生もそれぞれの土地を表すようにしてある。だから、オセアニア区にユーカリとともにブラシの木が植えられているのだろう。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

burashi no ki kanazawa doubutsuen

小さな種が詰まった実は虫の卵のように見え、数年間、落ちずにとどまるのだそうだが、そういわれても、実を見た記憶がない。今度、よくたしかめてみる。
スポンサーサイト

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。