スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D突堤を目指せ!──日活アクション的横浜インダストリアル散歩

倉庫上屋は魅力的である。なぜかはわからない。引込線はミステリアスである。なにかが起きそうな気がする。

これまた理由は不明だが、昔のアクション映画製作者も、倉庫と引込線に対する偏愛を示した。たぶん、わたしが倉庫上屋と引込線に魅力を感じる理由の半分は、子どものころに見た、そしていまでも見ている古いアクション映画なのだろう。

思い立って、横浜・新山下から本牧にかけての埠頭というか、港湾施設地帯を歩いてみた。

road sign honmoku tottei

honmoku futou douro
埠頭の並ぶ場所を貫く道路は、上下6車線とだだっ広い。

新山下の通りに入り、いまはドン・キホーテになってしまった、かつてのバンド・ホテルをすぎてすぐに左に曲がり、海側の道を目指したら、さっそく「運河沿いに建つ倉庫」(じつにもってアクション映画的な響きではないか!)が見えた。

shinyamashita souko

上の倉庫のそばにはこんな役所もあった。

yokohama kouwankyoku plate

モーターボートやディンギーの係留はどこでも問題を起こすので、ここはそうしたことを扱うところなのだろうが、主演俳優の歌をバックにしたタイトルが終わって、つぎのショットでこれを映すというのはどうだろう。主人公は行方不明になった友人の手がかりを追って、彼のディンギーがどうなったかをたしかめようとする、なんていうのは日活アクション的ではないか。

想像したとおり、新山下から本牧にかけては倉庫がたくさんあり、そのなかにはなんとも味のある古び方をしたものがあった。ふと、殿山泰二か小沢昭一が出てきそうである。

honmoku souko

honmoku souko

honmoku souko

当然ながら、工場もあるし、倉庫と港のインターフェイスである、荷揚げ施設もある。

concrete factory

concrete factory

crane

crane

warehouse gate

ゲートの外からは見えなかったが、画面左側は埠頭で、係船できるのだろう。ここで荷の揚げ降ろしをし、この広いヤードをトレーラーが行き来するわけで、これまた日活アクション的ロケーションだった。

yokoha kouwan manhole

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

栴檀〔センダン〕は双葉より芳しからず

今日もまたパートナーのブログの後追いである。

二人ともうかつだったのだが、つい最近、やっと栴檀の謎が解けた。「栴檀は双葉より芳し」というが、われわれが経験したかぎりでは、栴檀の葉も花もべつにこれといった匂いはしないのだ。

以下は鎌倉由比ガ浜、一の鳥居のそばに植えられた栴檀を2005年の5月末に撮ったもの。写真はいずれもクリックで拡大できる。

ichi no torii no sendan

ichi no torii no sendan

ichi no torii no sendan

三本あったが、いまは体育館わきの一本は切り倒されてしまい、二本だけになっている。そのうちの一本は低い枝があり、花もよく見えるし、葉を嗅いでみることもできる。

ところが、いくら鼻を近づけても、匂いというものがさっぱりしないのだ。諺なんていうのはいい加減なものだと呆れ、それきりで忘れてしまった。

ところが、今年、パートナーが栴檀のちゃんとした写真を撮りたいといって、あちこちでシャッターを切り、やっと納得のいくものが撮れて、あちらのブログで記事にした。

kanazawa doubutsuen no sendan
こちらは金沢動物園で先月撮った。栴檀の花は遠目にはあまり目立たない。動物は、向こうはもちろんキリン、こちらはアラビアオリックス。

そのとき、なぜ栴檀は双葉より芳しだなんて出鱈目なことわざがあるのか調べた。なんのことはない、昔の人が白檀(ビャクダン)と取り違えたのだそうだ。じゃあ、いくら栴檀の葉を嗅いでも匂いなどするわけがない!

「梅にウグイス」と言い習わすが、梅の花が咲いている時季に、ウグイスの姿など見たことがない。梅の花に寄ってくる鳥はメジロで、この鳥はじつにあざやかなウグイス色をしている。昔の半チクなだれかが、ウグイス色の鳥だから、ウグイスだと思い込んだことから生じた間違いにちがいない。世の中、こういうことは山ほどある。

ume ni mejiro
梅にウグイス、ではない。梅にメジロ。

百科事典によると、栴檀は「材を建材、家具材、楽器材にもする。漢方薬で樹皮を苦楝皮(くれんぴ)、果実を川楝子(せんれんし)とよび、駆虫剤、鎮痛剤などに用いる」のだそうだが、いっぽうで「またセンダンの木は葬式と関係が深く、墓に植えたり、火葬の薪や死者のつえのほか、棺おけにもされる。岡山ではこれで棺を作ると冥途の道が明るいという」ともある。いろいろな役割があるものだ。もっとも、「死者の杖」というのがよくわからないが。まあ、葬式のときにそういうものを棺桶に入れるといった風習がどこかにあるのだろう、としておく。

杉の大密林、のような草──鎌倉中央公園

ときおり、パートナーのブログの後追いのようなことをしているが、今日はあちらのニコンでは撮りにくかったことがわかった湿原の植物

shitsugen no fumei syokubutsu

shitsugen no fumei syokubutsu

こういう風に寄った写真だと、スケール感が狂って、ちょっと森林の空撮写真のようになってしまうが、ひとつひとつはほんの数センチの高さしかない。つぎは引いた写真。

shitsugen no fumei syokubutsu

周囲に見える雑草は50センチぐらいの見当。密に生えているので、写真では下が見えないが、田んぼのように水になっていた。

これは鎌倉中央公園という、市の中心部からちょっと離れた(ぜんぜん「中央」ではない)鎌倉の北部にある里山を整備した公園に植えられていた。

kamakura chuuou kouen

公園を出て、大仏を目指して歩きはじめてすぐ、古道具屋の店先にある甕に、同じものがあった。やはり水を張っていたので、そういう環境でないと生きられないのだろう。

shitsugen no fumei yokubutsu

やはり杉の葉のミニチュアのような姿をしていた。なにやら壺中天といったおもむきで、ミニチュアの宇宙を見るがごとく、面白い植物なのだが、いまだに名前が知れない。

kamakura chuuou kouen onnna no ko
鎌倉中央公園で見かけた四、五歳の女の子。じつに楽しそうに、手ふり、首ふり、シンフォニーでも指揮するように歩いていたので、思わず写真をとらせてもらった。
kamakura chuuou kouen onnna no ko

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

紅白のブラシの木──横浜・金沢自然公園と動物園

ブラシの木をはじめて見たのは十年近く前、横浜市金沢区の平潟湾に沿った遊歩道でのことだった。

burashi no ki hiragatawan

burashi no ki hiragatawan

burashi no ki hiragatawan

鮮紅色の花があざやかではあるし、なるほど、だれが見ても、これはブラシだ、と思う形をしていて、強く印象に残った。

ただし、百科事典を調べると、ブラシのように見えるものは、花ではなく、おしべが糸のようになっているのだという。花弁は5枚で、開花後、すぐに脱落する、と書かれている。がしかし、正直いって、どれが花弁かよくわからない。

burashi no ki hiragatawan
開きかけた蕾は絹糸そっくりに見える。花序の真ん中を枝が抜けて、つぎの葉を出すめずらしい木でもある。

burashi no ki hiragatawan

また、手元の百科事典二種と国語辞典は、いずれも「ブラッシノキ」という表記をとっている。ブラシは英語ではbrush、この音をカタカナにするならブラッシュというあたりだから、日本語のブラシと、英語の音訳のブラッシュの中間をとったようなぐあいである。それが自然と、日本語なまりのブラシへと落ち着いたのだろう。

近ごろは、めずらしい植物がめずらしいままでいることはめったになく、すぐにあちこちの家や公園や遊歩道で目にするようになる。ブラシの木もその後、何度も見た。

先日来ずっと書いている、金沢自然公園でも「ののはな館」(小博物館といった趣の施設)の近くに植えられていた。

そして、お隣の金沢動物園に移動し、コアラ舎に入ろうとしたら、こんな木があるのに気づいた。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

ブラシの木に似ていると思い、札を見ると、やはりそう書いてあった。あとで百科事典を見たら、シロバナブラシの木というものもあると書かれていたので、たぶんそれなのだろう。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

ブラシの木は原産地がオーストラリアだそうで、ユーカリの木と同じフトモモ(蒲桃)科に属す。金沢動物園は地域ごとに動物を分けているので、植生もそれぞれの土地を表すようにしてある。だから、オセアニア区にユーカリとともにブラシの木が植えられているのだろう。

burashi no ki kanazawa doubutsuen

burashi no ki kanazawa doubutsuen

小さな種が詰まった実は虫の卵のように見え、数年間、落ちずにとどまるのだそうだが、そういわれても、実を見た記憶がない。今度、よくたしかめてみる。

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

コアラのサービス・ショットとウォンバットのスキル──金沢動物園オセアニア区

今日は雨でどこにも行けず、引きつづき五月二十五日の金沢動物園、今回はオセアニア区の動物たち。

休日になると金沢動物園は子どもたちでにぎわうが、彼らのお目当てナンバーワンは、当然、コアラだろう。われわれは平日に訪れたので、コアラ舎に居合わせたのはほんの数人だけだった。

ただし、窓の外は明るく、室内は照明なし、当然ながら、フラッシュ撮影は「ご遠慮ください」という悪条件。アクリルの窓の手前にある手すりにカメラを載せて、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、とにかくむやみに撮った。隣では一眼レフを手に、若い女性が悠々と手持ちで撮っていて、恥じ入ってしまった。明るいレンズには勝てない。

kamazawa zoo koala

「動作は緩慢」というが、動かないわけではなく、けっこういろいろなことをする。頭を動かされるとブレてしまうのだが。

kamazawa zoo koala

kamazawa zoo koala

足を組んだので、おお、サービス・ショットか、とシャッターを切った。

eucalyptus
もちろん、コアラが生きるにはぜったいに欠かせないユーカリの木もたくさん植えてある。

もう二十年近く以前のことだが、伊豆のシャボテン公園でウォンバットをはじめて見た。数匹がごろごろと怠惰に寝転がって、そのドテッとしたさまが気に入った。

kamazawa zoo common wombat

金沢動物園のオセアニア区には二頭のコモン・ウォンバットがいるそうだが、どこに行ったのか(穴掘りが得意だから、どこかにもぐったか)、この日は一頭しか見えなかった。

kamazawa zoo common wombat

kamazawa zoo common wombat
わかりにくいだろうが、この写真では右肢で掻いている。

器用に穴掘りをするそうだが、短いくせに、四肢を細かく動かして、体のあちこちを掻くのが愛嬌がある。犬猫は後肢でしか掻かないが、ウォンバットは前肢も使うのが面白い。いや、残念ながら、その写真は撮れなかったのだが。

テーマ : 散歩 - ジャンル : その他

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Good Times

Author:Good Times

カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。